作れる人、作れない人

エクオールを作れる人・作れない人の違い

更年期障害の改善に役立つといわれるエクオールですが、体内で作れる人と作れない人がいることを知っていますか。またその違いは何でしょうか。
その違いは「腸内細菌」と言われる菌が体内にあるかの違いです。そしてその菌を持っているのは、大豆食品をよく食べる習慣がある人です。
日本人は大豆食品を食べる習慣がもともとありますから、体内で作ることができる人の割合は50%と言われています。しかし最近では食生活が欧米化したため、和食を食べない若い人では減少傾向にあります。さらに、喫煙習慣がある人、乳製品を過剰に摂取している人も作れない人が多いです。逆に作れる人は、野菜を多く摂り、肉より魚を多く食べるという傾向があります。

エクオールの力で若返りやダイエットに挑戦

エクオールは、エストロゲンと同じような働きがあると言われています。
エストロゲンというホルモンは、女性の美と健康に深く関係しています。つまりエクオールを摂取することにより、しわを改善したり肌の艶を良くしたりという若返りに効果があります。また、血圧の正常化や動脈硬化の改善の効果も認められています。
悪玉コレステロールを減らし、代謝をよくすることで脂肪の燃焼を助けるのです。これは、メタボを防ぎダイエットにつながります。
エストロゲンは加齢とともに減少しますから、エクオールを補うことで、上手に若返りやダイエットに挑戦しましょう。

目尻のシワが改善されたという結果が出ているエクオールの効能

エクオールを毎日摂取して目尻のシワが薄くなったという効能を実感している人もすでに多くいて、シワや肌のハリを保つことに期待ができるサプリメントです。特に閉経後の髪のボリュームや肌のハリやシワに悩むアンチエイジングを希望する女性にとっては、救世主のような存在です。