更年期障害に効果的な食べ物

「更年期障害」は、主に中年女性に起こる症状のことです。原因は、体内の中で女性ホルモンが不足することによって引き起こすとされています。かなり不快で、軽いものから重たいものまでとさまざまです。
この不快な症状を改善するには、効果的な食べ物やサプリメントを積極的に摂取する必要があります。効果的な食べ物の代表としては豆乳や豆腐、味噌などの大豆製品があげられます。
大豆から摂れるイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た作用があるので、女性ホルモンを補うという意味ではとても効果があります。
また、更年期障害はビタミンやミネラルをバランスよく摂取したほうが良いので、食事で補いきれない場合はサプリメントを必要に応じて摂取するのも良いでしょう。

大豆を「毎日」食べよう。エクオールに合わせた食生活

体内でエクオールを作れる方は、毎日と言っていいほど「大豆」を食べているのではないでしょうか。
大豆から取れる大豆イソフラボンは、食事で摂取してから1日から2日で尿となって体外へ排泄されていくことがわかっていますから、毎日続けて大豆を食べていくことが望まれます。
また、一度に多量の大豆を食べたとしても、大豆イソフラボンの効果は続かないといいますので、毎日食べ続けていけるように日々の食生活を見直したいものです。大豆を毎日食べて、エクオールの産生能を高めていきましょう。

どういう食事や生活習慣だとエクオール菌が定着する

エクオールは大豆製品に含まれる大豆イソフラボンの1つ、ダイゼインとい成分が腸内で変化して出来たものです。
女性ホルモンのエストロゲンと同じ作用がある事から、女性ホルモンのバランスを整えたりエストロゲンをサポートする働きが期待出来ます。
ただ、誰でも大豆製品を摂れば作られるという訳ではありません。腸内にエクオール菌が定着していなければ、いくら大豆製品を食べても作られないのです。この菌を定着するには日頃から大豆製品や、野菜を多く食べる食事を心がける事が必要です。タバコを吸っていると作られにくくなるので禁煙しましょう。

エクオールを含む食品はコレを食べるといい

はっきり言って「エクオール」を含む、便利な食品はありません。
大豆イソフラボンが含んでいるダイゼンという成分が、エクオールの生成を活性化させてくれるので、大豆イソフラボンを多く含んでいる食品を食べることが量を増やすことにつながります。
その成分がたっぷり含む食品は、納豆がおすすめですね。豆系は、他にもありますが、体に優しい納豆はイチオシですね。
一日の目安量としては、納豆は1パック、豆腐は200グラム、豆乳は200ミリリットルを目安に摂取するように心がけましょう。