更年期障害対策サプリといえばコレ

更年期障害対策サプリ更年期対策は医薬品ではなくサプリで行いたいという女性も多いようです。サプリは食品であり、医薬品とは違い副作用の心配も少ないですし、手軽に自分で選んで飲むことができます。
そして、このサプリという健康食品は、今ではもう整理がつかないほどの種類がありますよね。選ぶのに一苦労するものになっています。自分の症状別で選ぶことだと思いますが、更年期障害の対策なら「イソフラボン」の成分が十分に入るサプリを選べば良いと思います。はじめの一歩として、まず間違いないチョイスだと思いますよ。

更年期サプリの失敗しない選び方

「更年期障害」が発症する原因はいろいろあります。年齢、ストレス、乱れがちの生活や食事などがきっかけで起こると言われ、これらが原因のひとつと挙げられています。
40代から50代あたりが多くなります。
身体的にも精神的にも負担がかかるので対策に、サプリメントを利用している方も少なくは無いです。
サプリメント選びで失敗しないポイントとしては目的が大切です。
更年期サプリの選び方としては、
ホルモンの減少を食い止めるためには女性の場合にはイソフラボン、男性の場合には亜鉛を選びましょう。

更年期サプリメントのおすすめは

疲れがなかなか取れない、イライラするなど身体的・精神的に様々な症状を引き起こす更年期は、辛い症状が続くという事もあり悩んでいる方も多いでしょう。辛い更年期症状の予防・改善におすすめなのが、ローヤルゼリーを配合したサプリメントです。
デセン酸という健康栄養素が含まれていることがミソで、体内での働きがバツグンなのです。
デセン酸は、女性ホルモンや自律神経のバランスを整える効果を持つ成分です。
更年期症状は加齢によって女性ホルモンバランスが崩れる事で起こるので、デセン酸を含むローヤルゼリーを意識して補えば、症状の緩和や予防に繋がります。

自分に合った更年期サプリの選び方

更年期にはホットフラッシュやうつ、イライラ、肩こり、めまいなどでお悩みの方も多いのではないでしょうか。症状は、百人百様ともいわれますが、ホルモンバランスや自律神経のバランスの乱れなどで、血のめぐりが悪くなり、調節機能に支障を来すことで表れます。
対策するなら、クリニックで治療するという方法もありますが、これはこれで大袈裟な感じになるのでサプリで対策するという方が多いのが現状ですね。
即効性はありませんが、ゆっくり体質を改善してくれます。少なくとじも3か月は続けて服用してみましょう。また、相性もあるため、ご自分に合ったものを選ぶことが最も大切です。
効果が期待できるものとしては、エクオールやイソフラボンの配合されたものが良いでしょう。3か月ほど続けても改善しない場合には、高麗ニンジンやスッポン、ローヤルゼリーなどを配合したサプリを試してみましょう。

更年期サプリメントの相場は

更年期に上手く取り入れたいサプリですが相場が気になりますよね。
更年期の主な症状としては自律神経の乱れから来る身体的不調から、精神的不調などと言った不快な症状が見られます。
それらの症状を軽減させるために摂取するサプリメントですが、医薬品ではなく食品ですので続けることが大切です。
価格は購入媒体によって変動します。
薬局やドラッグストアなどで大手のメーカーの物を購入する場合と、通信販売などで定期的に購入する場合とでは月額が異なります。
店頭購入の場合は気軽に取り入れやすく、定期購入ならコース割引があるなど、比較的安価に設定されていますので、いずれも月額数千円ほど見ておけば良いので女性には嬉しい相場と言えるのではないでしょうか。

更年期には漢方とサプリ、どちらが良いの

更年期には漢方とサプリの両方で対処できますが、どちらにも利点があるため、体質や用途によって使い分けをしていきます。
血液が足りないなどの根本的な問題がある場合には、加味逍遥散などを選んだほうが良い場合があります。方剤には気血水の不足を補いながら、同時に余計なものを排除する要素が含まれています。さらに、生薬には数え切れないほどに多彩な成分が少しずつ含まれることから、非常に複雑な作用で更年期の症状を和らげることができます。単純な栄養補給を目的にする場合には、食品のサプリで対処できますが、行き詰った場合には漢方を選べば良いわけです。

男性更年期って何。サプリは効果があるの

男の人にも発症する更年期があるのです。この更年期は女性に多くみられることが有名ですが、男性にも症状が出るのです。
発症の原因としては、男性ホルモンの分泌量が減少している状態です。このときホルモンバランスの調節がうまくいかないと心身のバランスが崩れ、性欲減退・急激な疲れやすさ・うつ症状などの症状が現れ、様々な生活習慣病のリスクを高める恐れもあります。そして女性の場合と違い、始まるタイミングが明確になっていない、周りに体験者が少ないことなどから一人で抱え込みやすい病となっています。
しかしこの更年期障害は、サプリメントである程度抑えることができます。というのも、サプリで必要なホルモンを補えば、症状を緩和させることができるためです。ただし、飲みすぎると体に悪影響を及ぼしますので、飲む量は適量を守り、あまり効果が見られない場合は他の原因も考えられるため、病院を受診するようにしましょう。

その不調、更年期障害の症状かも

女性ホルモンは骨や血管を健康にしたり、肌の状態を良くする、前向きな気持ちにするなど、体と心の健康に役立っています。しかしながら、更年期に近づくにつれ、女性ホルモンが減少するので、様々な不調が現れます。
更年期障害の症状として代表的なものは、のぼせ・頭痛・めまい・記憶力の低下・不眠・不安感・疲労感・動悸・肩こり・しびれ・皮膚や粘膜の乾燥やかゆみなどがあります。
重たい症状ならば、病院へ通うことも必要になるかと思いますが、その症状が軽い場合はサプリメントで様子をみることからが良いと思います。

更年期障害の汗は自律神経の乱れが原因

更年期障害というものは、年齢でいえば中高年くらいに差し掛かるころにその症状が現れることが多いそうです。頭痛や肩こり、大量の汗が噴き出る、精神が乱れる、などなど。症状はさまざまにあります。
症状が重く日常生活に支障を来す場合には、なるべく早く婦人科を受診して辛さを和らげる必要があります。
更年期障害の治療には、ホルモン補充療法や漢方療法があります。

更年期の始まる年齢には個人差があります

更年期がスタートすることには、決まった年齢とかはないのです。平均的に40代を越えたら発症する確率が高いだけなのです。早い人、遅い人と個人差があります。
特に、最近では20代や30代で更年期が始まってしまうという人も増えてきています。
ただ、これは個人で判断出来るものではない為、体や精神の不調を感じるようになったら、一度婦人科に行き、診察を受けてみる事がおすすめです。
症状によっては、そのままにしておくと日常生活に影響が出てしまう事も少なくありません。
場合によっては早期閉経に繋がる可能性もあるだけに、早めの受診が大切です。

エクオールはサプリで摂るべき。その理由とは

「エクオール」についてお知らせします。っと言っても知らないと言う方が大半だと思いますが、お付き合いよろしくお願いしますね。
大豆に含まれるイソフラボンの一種であるダイゼインが腸内細菌により代謝され得られるフィトエストロゲンですが、ダイゼインを代謝するエクオール産生菌の保菌率が若い世代ほど低くなっています。
特に10歳代では、産生菌を5人に1人程度しか腸内に保菌していないのが理由でサプリメントによる摂取が推奨されています。又、エクオールは、過剰摂取にやら大豆イソフラボンの様にDNA構造のねじれなどの不具合をDNAの切断と再接合で正す構造トポイソメラーゼIIの阻害や生理不順、子宮内膜増殖症の発症リスクを高めるなどの副作用も無い事もあり、サプリメントによる摂取が推奨されています。

エクオールについて、さらに詳しく
エクオールが注目されている理由
エクオールとは – 浜松町ハマサイトクリニック
エクオールとは? – IME 特定非営利活動法人 医療教育研究所

エクオールの産生能力と年齢の関係

エクオールは、長きにわたり大豆由来の食品を摂取して来たアジア系の民族が産生能力を有する割合が高いとされ、欧米の女性に比べ日本の女性は更年期の症状が軽い民族と言われています。しかし、現代では大豆由来の食品の摂取量が減少している事で若い年齢ほど産生菌の保菌率の低下が見られ、エクオールの産生能力が低下しています。
産生菌の保菌者は、フラクトオリゴ糖やコンニャクグルコマンナンを同時に摂取する事によりビフィズス菌ブレーベ15700やビフィズス菌BB536などのエクオール産生菌の増加と共に産生量が増加しますが、腸内環境の乱れは産生能力の低下をまねきます。

エクオールは更年期の精神的な症状にも効くの

更年期に起こりがちなイライラやうつ、睡眠障害といった症状は、エストロゲンというホルモンの減少によるものです。
エクオールは、そのエストロゲンに似た働きをしてくれるので、更年期の精神的な症状全般の改善が期待できます。エクオールだけでは、やや心もとないという時は、精神状態の向上に作用するチェストツリーやセントジョーンズワートといったサプリを一緒に服用することで、より良い改善に導くことができます。
エクオールをベースに、更年期の諸症状に効く成分が加えられている複合サプリもあります。それぞれ、強化されている効能に微妙な違いがありますので、成分などをよく確認して、自分の症状に最適な製品を選ぶことが大事です。

エクオールを作れる人が好きな食品とは

エクオールは、豆腐や味噌などを古くから食して来た民族や年齢層で産生菌の保菌率が高いとされ、実際に日本国内でも大豆製品の食品を好む40代以上の年齢層の産生菌保菌率が40%以上と高くなっています。その為、エクオールを作れる人は大豆製品の食品を好むとされています。
エクオールは、大豆に含まれるダイゼインが腸内の産生菌に代謝され得られるので、必然的に大豆由来の食品を摂取する必要があります。しかし、産生菌は全員が保菌している訳では無いので、大豆を摂取しても効果が無いばかりか、大豆イソフラボンの過剰摂取はDNAに副作用を及ぼす事があります。