学会で発表

学会で発表されているエクオールサプリの効果

更年期に良いってホント。学会などでも発表されているエクオールサプリの効果。
更年期の症状がでてしまう要因は、女性ホルモンのエストロゲンが減少してしまうことによります。
それを食い止めるために大豆イソフラボンを摂取するほうがいいというのが従来の考え方でしたが、じつは、体でエクオールという物質をつくりだせるかどうかで、大豆イソフラボンの効果を実感できるかどうかが決まることがわかっています。ただ体でエクオールがつくれない人でもサプリで摂取することで更年期の症状が緩和されるということが学会でも発表されました。自分の身体でつくれるかどうかについては、検査キットをつかって調べることができます。

更年期で悩まない。エクオールを増やすにはサプリメントが一番

更年期障害の緩和に効果があるとして注目を集めている成分の一つがエクオールです。
この成分は、女性ホルモンに似た働きをすることでよく知られている大豆イソフラボンをしっかりと吸収させ、効果を発揮できるようにするために必要な成分であると言われています。そして、この成分を増やすことが、辛い更年期障害の緩和にたいへん効果的であるとされています。
エクオールを増やすためには、サプリメントで摂取するのが一番です。大人になってから、食べ物で産生菌を多くすることはまずできないからです。手軽に摂取できるサプリメントを上手に利用して更年期に対処しましょう。

エクオールサプリと更年期障害の関係

最近になって耳にすることの多くなったエクオールですが、更年期障害と密接な関係があるようです。
女性には加齢と共に更年期という大きな転機が訪れます。
程度は人によって違いますが、イライラやほてり、怠さなどの不快な症状を引き起こす更年期障害には、女性ホルモンと似た働きをするスーパーイソフラボンとも言われるエクオールが効果的だとされています。
これは腸内で自力で作れる人もいますが、日本人の半分は作れないと言われておりサプリなどで摂取することをお勧めします。
それと共にイソフラボンが豊富な大豆製品を積極的に取り入れることで、より元気で若々しくいられるのです。

ホルモン治療に匹敵するエクオールを摂りましょう

エクオールというのは、大豆製品に含まれる大豆イソフラボンを摂った時に腸内で代謝されて女性ホルモンに似た働きをします。ホルモン治療に匹敵するエクオールを摂るには納豆1パック、木綿豆腐2/3程度を、毎日食べる必要があります。毎日となると難しいこともあるため、サプリで摂ることが良い選択です。サプリで更年期を乗り切ることが期待できるのです。