大豆食品

エクオールは大豆食品から摂取する

エクオールは大豆食品に含まれるイソフラボンのダイゼインが腸内で分解されて出来る物質です。その為エクオールを増やすには大豆製品を摂取する必要があります。
納豆などは代表的な食品ですが、高野豆腐の煮つけや、きな粉ヨーグルト、味噌や醤油にも含まれるので、冷ややっこや豆腐とお揚げの御御御付け、焼いた厚揚げにネギやショウガ、ミョウガや鰹節をかけて醤油で頂くのも良いですし、豆乳しゃぶしゃぶなども良いです。
また最近は栄養補助食品としてソイを多用している商品もありますし、ハンバーガーでも肉ではなくソイパテを推奨しているお店もあります。
手軽な価格で手に入るものばかりですので、積極的に摂取できます。

エクオールにまつわる食品からエクオールの恩恵は受けれる

エクオールとは大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという物質が腸内細菌によって変化した物質なので、多く含む食品というのはありません。しかも、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをわずかですがしてくれるエクオールの恩恵を大豆製品を食べれば全員が必ず受けられるわけでなありません。
100兆個以上ある腸内細菌のどれがエクオールを精製してくれるかわからないので、何よりも恩恵を受けたければ腸内環境を整える事が重要です。キムチや糠漬け乳酸菌たっぷりな発酵食品やオリゴ糖、水溶性や不溶性の食物繊維などを積極的に食事に取り入れましょう。

エクオール含有食品と脱毛の抑制

女性ホルモンである「エストロゲン」に似た働きをする「エクオール」は脱毛症にも効果があることが分かってきています。
脱毛現象は、アンドロゲンの過剰な作用が影響するとされていますので、エクオールが有する「抗アンドロゲン作用」が、効果的に働くと考えられています。したがって、女性だけではなく、男性もしっかりと摂取したいところですが、実はエクオールを直接含む食品はありません。
例えば、その原料となる大豆を十分に食べるという方法もありますが、最も効率的で効果的な方法としては、サプリメントとして直接摂取することです。

ダイエットにも効果的なエクオール

エクオールについて語っちゃいますね。特に女性におすすめです。
女性ホルモン「エストロゲン」と同じ働きをするので、女性ホルモンバランスを整える効果が期待出来ます。
更年期障害対策に有効として知られるエクオールですが、実はダイエットにも有効と言われています。
新陳代謝を活発にして脂肪の燃焼効果を、アップする働きがあるのです。
ですから、脂肪を分解する働きがあるのでダイエット効果につながるということになるのですね。