結果の待ち時間

エクオール検査キットを使用する前に多量の水分を飲んではいけない

腸内でエクオールを作れる体質かどうか、簡単に知る事ができる方法があります。
それは検査キットを使うという方法です。
キットを購入し採取した尿を送るだけで、エクオールを作れるか作れないかを検査してもらえます。
ただ、検査キットを使用する前には多量の水分を摂らないよう注意しましょう。
たくさん水を飲んでしまうと、尿が薄まってしまいます。
するとエクオールを作れる体質であっても、作れないという結果が出てしまう恐れがあるのです。
水を多く飲むと正確な検査が出来ません。
また、生理中の尿で検査する事も正しい結果が出ないので、生理期間中に尿を採取するのは避けましょう。

エクオール検査キットの検査結果が出た後の対策

体内で「大豆イソフラボン」が、エクオールに生まれ変わるのです。そして、この物質が、エストロゲン用作用をするので、更年期障害などに効果があるのです。残念なことに、全員の腸の中にエクオール生産菌がいるわけではありません。
日本人では、二人に一人しかいないことが分かっていますし、若い人に全体の20%から30%の人にしかこの細菌はいません。
自分の腸のなかにラクチコッカス20-92がいるかどうかの検査キットが発売されていますので、それを利用して調べ、ラクトコッカス20-92がいる人は体内でこの製品が生産できるのですから、引き続き大豆製品をしっかりと食べるべきで、いない人は、その対策としてエクオールのサプリメントを利用すべきです。
自分では作れないからと言って、諦めてはいけませんよ。サプリメントでしっかりと穴埋めできますからね。何なら、サプリメントのほうが確実に摂れる方法なので、逆に良いのかもしれませんよ。まずは、検査をはじめましょう。