失敗しない

エクオールサプリ選びで失敗しない方法

女性特有の症状に高い効果があるとされているサプリの1つにエクオールがあります。
現在、多くの商品が販売されていますが、失敗をしないためにもポイントを抑えた上で購入をすることが大切になります。
まず、1つ目のポイントとしてはエクオールの含有量があります。少ない場合には効果は期待できず、目安としては1日10mgとなります。2つ目としては品質安全性があります。購入においては販売・製造会社はもちろんのこと、製造過程が確認できる商品を選ぶ必要があり、記載が無い場合や簡単な商品は安全性の面からも避ける必要があります。
3つ目としてはコストパフォーマンスがあり、ここでは、あまりにも安い場合には含有量が少ないなどの理由があることを理解しておく必要があります。他にも、ポイントとしては飲みやすさや成分があり、購入をする場合には、より高い効果が期待できるラクトビオン酸が含まれているサプリメントを選ぶ必要があります。

通販で買える国産エクオールサプリ

エクオールは、更年期症状の緩和に役立つサプリメントだといわれています。
女性ホルモンに似た作用をするので、乱れがちなこの時期のホルモンバランスを整えることができます。
サプリメントなので、心配するような副作用もなく飲むことができます。
しかし、サプリメントといえども体の中に入れるものですから、できれば安心で安全な国産のものが良いでしょう。
めまいやのぼせ、倦怠感や気分の落ち込みやイライラなど更年期特有の症状を頻繁に感じるようになったら、一度、エクオールを試してみるとよいでしょう。

薬局で買えるエクオールサプリメントはどれ

今、大変話題を呼んでいるエクオールサプリですが、薬局で手軽に購入出来ることはご存知ですか。
エクオールはスーパーイソフラボンとも呼ばれ、大豆イソフラボンが腸内で代謝された成分のことですが、女性ホルモンと大変似た作用をするため、更年期障害の緩和に有効です。
40から50代の女性が定期的に摂取することで大きな効果を出しており、続けている人が増加しています。
商品の多くは通信販売で購入出来ますが、現在、2種類の国産サプリが薬局でも販売されていて、Advanced Medical Care「エクオール」と大塚製薬「エクエル」です。

エクオールサプリ経験者が飲み続けていきたいと思う理由

女性ホルモンの分泌には欠かせないとされていた大豆イソフラボンを上回る効果効能が期待されているエクオールを簡単にサプリとして摂取されている経験者の方がずっと飲み続けていきたいと思う理由は、やはり、効果を実感されているからです。
辛い生理痛や、更年期といった女性特有の症状を軽減させるのに有効とされていて、実際に摂取してみて症状が和らいらだからです。
エクオールを摂取し続けたことにより、辛い症状の軽減だけでなく肌艶が良くなるなどの効果も感じられるからです。
綺麗になったと実感されているのは、ホルモンの乱れが整ったことによるものでしょう。

Read More »
作れる人、作れない人

エクオールを作れる人・作れない人の違い

更年期障害の改善に役立つといわれるエクオールですが、体内で作れる人と作れない人がいることを知っていますか。またその違いは何でしょうか。
その違いは「腸内細菌」と言われる菌が体内にあるかの違いです。そしてその菌を持っているのは、大豆食品をよく食べる習慣がある人です。
日本人は大豆食品を食べる習慣がもともとありますから、体内で作ることができる人の割合は50%と言われています。しかし最近では食生活が欧米化したため、和食を食べない若い人では減少傾向にあります。さらに、喫煙習慣がある人、乳製品を過剰に摂取している人も作れない人が多いです。逆に作れる人は、野菜を多く摂り、肉より魚を多く食べるという傾向があります。

エクオールの力で若返りやダイエットに挑戦

エクオールは、エストロゲンと同じような働きがあると言われています。
エストロゲンというホルモンは、女性の美と健康に深く関係しています。つまりエクオールを摂取することにより、しわを改善したり肌の艶を良くしたりという若返りに効果があります。また、血圧の正常化や動脈硬化の改善の効果も認められています。
悪玉コレステロールを減らし、代謝をよくすることで脂肪の燃焼を助けるのです。これは、メタボを防ぎダイエットにつながります。
エストロゲンは加齢とともに減少しますから、エクオールを補うことで、上手に若返りやダイエットに挑戦しましょう。

目尻のシワが改善されたという結果が出ているエクオールの効能

エクオールを毎日摂取して目尻のシワが薄くなったという効能を実感している人もすでに多くいて、シワや肌のハリを保つことに期待ができるサプリメントです。特に閉経後の髪のボリュームや肌のハリやシワに悩むアンチエイジングを希望する女性にとっては、救世主のような存在です。

Read More »
冬の暖房

更年期で暑い。冬の暖房に備えた服装

中高年くらいになると、女性の多くは更年期の時期になります。
代表的な症状としてはホットフラッシュがあります。周りの気温などの関係なくいきなりカッとして暑くなって汗がでてしまうことが多いです。
いつでも暑いと感じてしまうのです。外出時のときの洋服も困りごとですが、冬の暖房の時期の服装は、調節しやすい服装にするのが大切です。
カーディガンなどすぐ脱げるものが便利ですし、下着なども1組くらいもっておくと汗で濡れたときに着替えられて便利です。つらい更年期ですが、いつか終わると思うって気楽に考えるのも大切なことです。

更年期でイライラするときの改善に効くサプリの成分

更年期障害はさまざまな症状が起こるのですが、特にイライラするといった精神的な症状を感じる方が多いようです。
イライラ感を感じる時に、おすすめなのが「プラセンタエキス」を配合したサプリメントです。
プラセンタエキスは内分泌を整える効果のある成分と言われています。
体に取り入れる事によって女性ホルモンバランスや、自律神経のバランスを整える効果が期待出来るのです。
更年期特有のイライラ感で周囲とトラブルを起こしやすいという方は、プラセンタエキス配合のサプリでケアしてみましょう。

更年期かな。と思ったら試したい症状セルフチェック

更年期障害というものは、なぜだか分からないことがあって、自分が更年期症状になっていても特に気が付かないということもあるものです。ですから、何か今までとは違う症状があると思ったような時は、更年期障害になっていないかのセルフチェックを行うことというのも大事です。
セルフチェックは、汗を掻きやすくなったというほんの些細なことでも感じ取ることができるので、小さな変化も見逃さないようにしましょう。更年期の症状は手術などで治るわけではないですが、自分がどれだけ気が付いているかによって日々気を付けることというのも分かってくるものです。

Read More »
ホットフラッシュ対策

更年期障害のホットフラッシュ対策

更年期障害とは、女性ホルモンの減少が原因となり、自律神経のバランスが崩れることで血管の拡張や収縮がうまくいかなくなり「ホットフラッシュ」という、のぼせやほてり、大量の汗などの症状が起きてしまうのです。
このような更年期障害によるホットフラッシュ対策として有効なのがサプリメントです。
専門のサプリメントには、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンやポリフェノールが配合されているので、血流を良くし、血管の拡張や収縮が正常に行われるのです。
サプリメントは決められた量を飲むだけなので、手軽で確実に有効成分を摂れることで、症状の緩和にとても役立つものです。

「精神的な落ち着き」が取り戻せるエクオールサプリメント

女性ホルモンが不足することで起こる更年期や月経前症候群は、日常生活のクオリティが下がり困りものです。
女性ホルモンの摂取には、イソフラボンが良いことが有名です。
ところが、イソフラボンは、そのままではなく、腸内でエクオールという成分に変化することで効果を発揮します。
日本人の女性半分位の方が、エクオールを作成する菌を保有していないことが研究で明らかになりました。
イソフラボンを一生懸命に摂取しても、効果が表れないエクオールサプリメントが手軽でおすすめです。
イソブラボンの摂取が無駄にならず、精神的な落ち着きを取り戻してくれる女性のためのサプリメントです。

更年期障害の症状のイライラ・憂うつ・のぼせについて

更年期障害になるとイライラしたり、憂うつ、のぼせ、倦怠感、暑いや寒いの感覚が極端になる、抜け毛が増えたり、肥満になりやすくなるなどの症状が現れます。
その要因としては、男女共に体内に存在するホルモンが減少することからはじまって、自律神経に影響が出て、更年期障害につながるのです。年齢やストレスといったことなどで、その成分が減少してしまうので、生活や食事の見直しが必要になります。
葉酸、ビタミン、ポリフェノールは更年期に効果的な栄養素です。さらに男性であれば亜鉛、女性であればイソフラボンを摂りいれることが望ましいです。

Read More »

更年期になると妊娠しない・しにくくなる噂の真相

更年期になると「妊娠しない・しにくくなる」という噂がありますが、実際には女性ホルモンの影響を受けて排卵される卵子の数が少なくなってしまうことと、老化してしまうことで更年期になると妊娠しづらくなってしまいます。
まったく妊娠しないワケではないのですが、更年期に入ると卵巣が働きにくくなる上に、体内のホルモンも減少してしまい、受精卵が出来にくくなるのです。出来ても流産率が高くなるので「妊娠しない・しにくくなる」と言われているのです。

閉経後に妊娠ってありえる。妊娠の可能性と閉経について

およそ45歳から55歳といわれる更年期にあたる年齢の女性で、しばらく生理が来なかったら、それは閉経か妊娠のどちらかです。
年齢からすれば、閉経だと思いますが、この場合、月経不順がしばらく続き、徐々に生理の間隔が長くなっていき、生理が来なくなってから一年以上が経過した状態のことです。そうなると、卵巣に卵子がない状態になるので、いくら性行為があっても、妊娠することはありえません。しかし、更年期の症状があり、一年以上生理が来なくてもまれに妊娠してしまうケースがあります。月経が終了するまでには移行期間があり、自分ではそうだと思い込んでいても、実際は完全に月経が終了していなかったということです。
自分だけの判断では怪しいものなので、専門クリニックで診てもらうことや、夜の営みの場合には避妊を心がけるようにしましょう。

更年期でよくある妊娠と閉経の疑問

更年期になると妊娠しないのか。という話題をよく耳にします。シンプルに考えると妊娠はしないと思いますが、閉経というのは、突然やって来るものではないので、その周期が徐々に長くなって閉経を迎える形になるのです。
そのため、1年に1回でも排卵が起これば妊娠するチャンスはあると言えます。逆に言えば「もう子供は欲しくない」という場合、更年期に入ったからと言って安心するのではなく、閉経を迎えても1、2年は避妊をきちんと行っておく必要があります。

Read More »

閉経前なら妊娠できる。更年期障害中の子どもの持ち方とは

子供を持ちたいと思い、いろいろと工夫をされて頑張られている方、更年期になるともう妊娠できないとあきらめていらっしゃいませんか。更年期になると、徐々に生理の間隔があき、やがて閉経を迎えます。完全に閉経してしまうと妊娠はできませんが、更年期障害が起こっていても完全に閉経していなければ可能性はありますので、あきらめずにもう少し頑張って見られてはいかがでしょうか。しかし、この時期に自然に子どもを授かるということは難しいので、子どもの持ち方には工夫が必要です。専門医のところで適切な治療を受けながら、妊娠を目指されるのが良いでしょう。

若年性更年期障害でも妊娠したい。女性ホルモンを増やす方法

若年性更年期障害は、ホルモンバランスの乱れなどにより、卵巣機能が低下し、生理不順になるなど、妊娠しやすい環境が作れなくなってしまいます。若年性更年期障害でも妊娠をしたいなら、まずは女性ホルモンを増やすことが大切です。
まず、ホルモンバランスはちょっとしたことで崩れてしまうため、規則正しい生活を送ることが重要です。次に、女性ホルモンと同じような働きをするという、イソフラボンを摂取するのも効果的です。大豆製品に含まれていますが、食事から摂れない時は、サプリメントで摂取することも可能です。また、体の冷えも対的なので、冷たい飲み物は避け、温かい飲み物を飲むようにしましょう。

若年性更年期障害を発症しても妊娠できるってホント

更年期障害とは、女性が閉経になってから、約5年前後の期間のことを指しています。閉経になる年齢には決まりがないので何とも言えないのですが、だいたい30後半から60歳くらいがその期間にあたるものですかね。そして、更年期の症状とは、様々なことが起こるので心身ともに落ち込む期間に落とされるのです。
最近では、この年齢よりも若い人にもこのような不調が出ることが多くなってきています。これは若年性更年期障害と呼ばれる状態です。ただし若年性更年期障害の場合、閉経を迎えていないのが一般的なので妊娠は可能です。しかし女性ホルモンの乱れなどが酷くなると、妊娠しにくい体になる言えるので、早めの対策が求められます。

Read More »

更年期の皮膚の乾燥による症状

女性は40代後半に差し掛かる時、更年期の症状を発症する場合があります。
わけもなくイライラしたり、頻繁に体調不良をもたらしたりするのはよく知られていますが、他にも皮膚の乾燥など思いもよらぬ症状を発生させる場合もあります。
これはホルモンバランスが崩れて代謝が悪くなる事で、水分が体を巡らなくなってしまいその結果起こるものです。
このような場合には代謝を上げるために漢方のサプリメントを活用するのが有効です。
桂枝や生姜などのサプリメントがありますが、これらの成分は身体を温めて体質を改善する働きがあります。
簡単に摂取できるのも魅力ですから、日常生活の中で上手く取り入れて更年期障害の予防と解消に努めましょう。

女性の健康と更年期サポートするために周囲の人が出来ること

50歳前後になると心身共に様々な影響が起こる、更年期障害が起こりやすくなります。疲れやすい・イライラするなど症状は多岐にわたるので、本人が1番辛い思いをしています。女性の健康と更年期をサポートするために、周囲の人が出来ることはあるのでしょうか。
まず、この時期は体に変化が起こるという事を知っておきましょう。ホルモンバランスが急激に変化するので、今まで出来ていた事も出来なくなってしまうのです。ですので家族など周囲の人は、家事などを手伝うなどのサポートを行う事をおすすめします。また、治療も一緒に積極的に受けるなどのケアも必要です。

女性は更年期で「肉体的にも精神的にも」変わってしまう

その年齢に決まりはないのですが、誰にでも「更年期障害」は訪れるのです。人によって症状に違いはあるのですが、ある日突然、訪れるのです。
いままではやる気にあふれていて、前向きな考え方をしていた女性でも、人が変わってしまうくらい、憂鬱感や倦怠感、頭痛、耳鳴り、うつなどの症状に悩まされる人もいます。この症状がずっと続くのではないかと、絶望的な気持になる人がいますが、更年期の時期は、限定のものです。一生続くものではないのだと思うことが大切です。だめな自分も許してあげることが必要です。

Read More »

「更年期障害」鼻の症状

更年期障害の訪れる年齢になると、女性ホルモンが低下してくることにより、粘膜や皮膚が乾燥してくるのです。それによって、鼻にも症状が現れてくるのです。
ぐずぐずしたり、乾いてきたり、匂いを感じなくなったり、また、変な匂いがしたり、痛みを感じるなどが起きてくることがあります。そうすると、耳鼻科に行って見るのですが根本的に治ることはなく困ってしまいます。それは更年期特有のものであり、女性ホルモンを活性化させるものを補うことが大切になります。粘膜や皮膚の保湿成分を補う力をもつプラセンタサプリメントの利用がおすすめです。医薬品ではないので、副作用は全くない心配のないサプリメントで、体に本来持っていたホルモン調整能力を引き出してくれるのです。

女性にとって悩みの原因の更年期は抜け毛を引き起こす

女性ホルモンは女性の美や健康を司っていると言ったも過言ではないホルモンです。そのため更年期になり、その分泌やバランスが乱れたりすると、身心には様々な影響が出やすくなります。これがいわゆる更年期障害と呼ばれるものです。抜け毛もそのひとつに含まれます。これは、女性ホルモンのひとつ、エストロゲンには発毛を促進したり、発毛サイクルを正しい周期に整える作用があるためです。ですから、その分泌が著しく減少したりすると、抜け毛が発生しやすくなります。また頭髪に対する悩み、毛が薄くなったり細くなったりすると言うような悩みも出やすくなります。この対策としては、体の内側からエストロゲンの減少を補うのが効果的です。

更年期。プレ更年期。女性の知っておきたい対策

閉経する前後の期間を更年期と呼び、大半の人は40代半ばから50代前半に迎えます。この間、顔や身体が暑くなってほてったり、多汗になったり、生理不順や不正出血が起きたりします。他に頻尿や不眠、目眩や頭痛、肩こりなどの症状に悩まされる人も多いです。
これらの症状が起こる原因としては、体の中で女性ホルモンが不足することからはじまり、30代から発症する傾向がみられます。それよりも早い年齢に訪れる更年期は、実はストレスによる自律神経の乱れが引き起こしていることが多く、プレ更年期と呼ばれます。
プレ更年期は栄養バランスを考えた食事をとり、運動をする習慣を身につけ、リラックスをする時間を持つようにしましょう。更年期を少しでもらくに迎えるために準備段階として体力と体調を整えておくことが大事です。

更年期障害が起こる、その理由について

更年期障害が発生する理由は、まずは性ホルモンの分泌量が著しく減少したり、そのバランスが極端に乱れることが挙げられます。
女性の更年期障害においては、まず女性ホルモンの乱れにより月経に関するトラブルが引き起こされやすくなります。また頭髪や健康に対する悩みが増えやすくなり、疲労感、肩こり、筋肉のこわばりなどにも悩まされやすくなります。
精神的な落ち込み、イライラ、発汗や火照りなども出やすくなります。体の不調が心の不調を引き寄せ、酷くする、またその逆も起こりうることなので、早めの対策が必要です。
それと共に、精神的な落ち込み、イライラ、発汗や火照りなども出やすくなります。体の不調が心の不調を引き寄せ、酷くする、またその逆も起こりうることなので、早めの対策が必要です。

Read More »

「更年期障害」のどの症状

更年期障害の症状のひとつに「のどの違和感」と言うものがあります。ですが、この症状は更年期によるものなのかは分かりづらいものですから、まずは病院で一度診てもらうことが先です。
特に何もなければ更年期による症状になります。忙しい人ならばサプリメントを使うとよいですが、しっかりと成分を確認する必要があります。
どのサプリメントを選ぶ場合は、配合量や価格を比較して適切なものを選ぶことです。また、飲んですぐ効果があるものではないので、更年期になり始めたら飲むようにするとよいです。
のどに違和感があると、気分が落ち着かずイライラしてしまう可能性があり、より悪化してしまう恐れもありますので、必要な栄養素を補給して落ち着くことです。

更年期の女性が、かかりやすい更年期高血圧って何

更年期になる期間を大きく挙げれば、20代から70代までの年齢になりますね。これは若年性と高齢時に症状が起こることも入れているのですが、結果としては、いつ誰にでもあるというふうになりますよね。更年期障害とは、心身に対して様々な不調が出やすくなります。
これは女性ホルモンの分泌量が減少したり、そのバランスが乱れるためで、なおかつそれに呼応するような形で自律神経の働きも乱れやすくなるためです。更年期に出てくる不調の中には、健康に大きな影響を及ぼすものもあります。そのひとつが更年期高血圧と呼ばれるものです。これは文字通り、更年期に入ると同時、血圧が高くなると言う症状です。血圧安定に作用があるエストロゲンが減少すること、また血圧を調整する作用がある自律神経の働きが乱れることが大きな原因です。更年期高血圧は、一般的な高血圧同様、様々な疾病の引き金になることも多いです。よってこまめに血圧を測定し、場合によっては医師に相談をすることが望ましいです。

更年期障害とプレ更年期は原因は違う。40代女性不調について

40代になると疲れやすくなったり、白髪が出てきたり、肌が乾燥しやすくなったりして、老化を感じ始めることが増えてきます。そこへ、ほてりなどの不調があると、もう更年期に突入してしまったのかなと思ってしまうかもしれません。
閉経前後40代半ばから50代半ばの時期には、個人差はあるものの、冬でも身体が火照ったり、のぼせたり、頭痛や倦怠感が出たりするようになります。これは女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少することから自律神経が乱れて起きるものです。
減少の影響を受けて、生理不順などの周期が乱れる症状が起こる場合があります。あと、のぼせるという症状だけの場合は「プレ更年期」ということもありますね。
プレ更年期は、バランスの良い食生活をして、適度に運動を取り入れ、ストレスをためないように工夫することで改善することが可能です。ストレスをうまく解消して、元気を取り戻しましょう。

Read More »

「更年期障害」性格や体質による症状の変化

男性の更年期障害は、起こりやすい人と起こりにくい人がいることをご存知でしょうか。
性格的には、真面目で几帳面、責任感の強い人がなりやすいといいます。
ただ実際のところは、男性の更年期障害も女性と同じようにホルモンのバランスが崩れたために起こるので、体質や性格だけで症状が現れるか否か、判断できるところではありません。
しかし、元々男性は特に亜鉛を必要とする体質なので、更年期であるなしにかかわらずサプリメントで補充するのは悪いことではありません。
むしろ普段から必要な栄養素をサプリメントで補うように習慣づけ、それを長く続けるのは非常に良いことです。
更年期をきっかけに、いつもの食生活を見直すのも効果的でしょう。

更年期障害が女性の円形脱毛症の原因になる真相とは

円形脱毛症というものは、主にストレスが原因で起こる症状なのです。
ストレスは免疫力を低下させ、自律神経を乱れさせます。特に女性の場合、更年期をむかえる時期は、仕事をしている人は大きな役割を担わされたり、親の介護をするようになり、その上に更年期特有の不快症状が重なるので、ストレスが大きくのしかかってくる時期でもあります。
更年期は体の不調がたくさん出やすいので、不快症状を軽減できるよう、軽い運動をしたりリラックスできる時間をつくり、自律神経をできるだけ乱さないように自分の身体に気を配ることが大切です。

不眠の原因は、更年期だからか

寝つきが悪い、寝てもすぐに目が覚めてしまう、寝ても疲れが取れないなど不眠の症状に悩んでいる場合、もしかしたら更年期障害を起こしている可能性があります。
更年期障害は女性ホルモンの分泌が急激に減少し、ホルモンバランスが崩れる事で様々な体調不良を引き起こすのです。
この成分が崩れると、自律神経も乱れやすくなり不眠を起こすケースも少なくありません。
通常、更年期は閉経する約10年前後の年齢を刺します。40代後半になったら女性ホルモンバランスが変化する為、体の不調に注意しましょう。

Read More »

更年期障害に効果的な食べ物

「更年期障害」は、主に中年女性に起こる症状のことです。原因は、体内の中で女性ホルモンが不足することによって引き起こすとされています。かなり不快で、軽いものから重たいものまでとさまざまです。
この不快な症状を改善するには、効果的な食べ物やサプリメントを積極的に摂取する必要があります。効果的な食べ物の代表としては豆乳や豆腐、味噌などの大豆製品があげられます。
大豆から摂れるイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た作用があるので、女性ホルモンを補うという意味ではとても効果があります。
また、更年期障害はビタミンやミネラルをバランスよく摂取したほうが良いので、食事で補いきれない場合はサプリメントを必要に応じて摂取するのも良いでしょう。

大豆を「毎日」食べよう。エクオールに合わせた食生活

体内でエクオールを作れる方は、毎日と言っていいほど「大豆」を食べているのではないでしょうか。
大豆から取れる大豆イソフラボンは、食事で摂取してから1日から2日で尿となって体外へ排泄されていくことがわかっていますから、毎日続けて大豆を食べていくことが望まれます。
また、一度に多量の大豆を食べたとしても、大豆イソフラボンの効果は続かないといいますので、毎日食べ続けていけるように日々の食生活を見直したいものです。大豆を毎日食べて、エクオールの産生能を高めていきましょう。

どういう食事や生活習慣だとエクオール菌が定着する

エクオールは大豆製品に含まれる大豆イソフラボンの1つ、ダイゼインとい成分が腸内で変化して出来たものです。
女性ホルモンのエストロゲンと同じ作用がある事から、女性ホルモンのバランスを整えたりエストロゲンをサポートする働きが期待出来ます。
ただ、誰でも大豆製品を摂れば作られるという訳ではありません。腸内にエクオール菌が定着していなければ、いくら大豆製品を食べても作られないのです。この菌を定着するには日頃から大豆製品や、野菜を多く食べる食事を心がける事が必要です。タバコを吸っていると作られにくくなるので禁煙しましょう。

エクオールを含む食品はコレを食べるといい

はっきり言って「エクオール」を含む、便利な食品はありません。
大豆イソフラボンが含んでいるダイゼンという成分が、エクオールの生成を活性化させてくれるので、大豆イソフラボンを多く含んでいる食品を食べることが量を増やすことにつながります。
その成分がたっぷり含む食品は、納豆がおすすめですね。豆系は、他にもありますが、体に優しい納豆はイチオシですね。
一日の目安量としては、納豆は1パック、豆腐は200グラム、豆乳は200ミリリットルを目安に摂取するように心がけましょう。

Read More »

更年期障害になりやすい人の特徴

更年期障害について、更年期とは女性の体内に存在するホルモンが変化して起こる、女性ならではの症状なのです。でも、最近は男性にもあるとかで、油断できないものになっています。
更年期障害の症状は人によってさまざまですが、ホルモンの減少が著しいひとほど、更年期障害がなりやすい人ということになります。どんなに自分ではがんばろうと思ってもどうにもならないこともあります。あまり深刻に悩まないでサプリメントを摂取したり、のんびりすごすことも大切なことです。
サプリメントといっても、その種類は気の遠くなる数なのです。
ネットなどの口コミ情報などを参考に自分にあうものをみつけていくことも大切なことです。
更年期は時期がくれば治まってくるので気楽に考えるくらいがいいです。

更年期障害の症状緩和に効果的なサプリ

生活習慣、食事、運動不足、加齢などによりホルモンが減少してしまう事で更年期に悩まされる人も少なくはありません。
ホルモンが減少してしまうと自律神経が乱れてしまい、めまい、ほてり、イライラする、倦怠感、憂うつ、抜け毛、身体の至る所が痛い、暑さや寒さなどが極端に感じるなど身体的や精神的に不調を起こします。
クリニックでの治療はエストロゲン投薬をするのですが、リスクとして乳がんや子宮がんになる確率が高くなります。
極力、食事やサプリメントなどからホルモンが減少しないように抑えるようにすることが望ましいです。
特にイソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをすることで知られていますので、積極的にイソフラボンを摂取しましょう。ビタミン、葉酸、ポリフェノール、亜鉛なども効果的です。運動や生活習慣の改善もすることで更年期による様々な症状を緩和させることが十分できます。

更年期障害の症状改善に選ばれてるサプリとは

「更年期障害」を改善したいなら、おすすめなのが「エクオール」と呼ばれる成分というのを覚えといてください。
更年期は、エストロゲンが減少していることで症状が引き起こされてしまうのですが、エクオールは体内でエストロゲン受容体と結合し、不足したエストロゲン同様の働きをしてくれるためさまざまな不快な症状が軽減されていくという特徴があります。

病院に頼らない。更年期サプリの選び方

更年期障害の話ですが、女性の場合は「閉経」が絡むことが言われていますね。その前後は気を付けないといけないと思います。
病院で更年期障害の治療をすると、エストロゲンを投与するホルモン補充療法が主流となります。更年期障害の症状を緩和することが出来る反面、副作用として乳ガンや子宮ガンのリスクが高まると言われています。
出来るのであればリスクが少ない形で治療をしたいのが理想です。
食事や生活習慣、サプリメントなどで減少するホルモンを補ったり、症状を緩和させることも出来ます。
サプリメントの選び方としてはポリフェノール、イソフラボン、ビタミン、葉酸、亜鉛が効果的です。

Read More »